本文へスキップ

広島県立廿日市西高等学校は、輝くあなたを応援できる学校です!

TEL. 0829-39-1571

〒738-0055 広島県廿日市市阿品台西6-1

その他の活動OTHER EVENTS

令和2年度 交通安全教室              令和2年11月18日(水)


 11月18日(水)7時間目に,本校1学年を対象とした交通安全教室を実施しました。
 講師として招いたJFAの渡辺先生が事例を紹介される中,受講した生徒は自分事として真剣に講話を聞いていました。交通安全に対する意識を高め,人命を尊重する態度を育む講習会となりました。




















令和2年度避難訓練                 令和2年11月4日(水)

「地震発生を想定した避難訓練を実施しました」

 地震発生……安全を守るための「安全行動1-2-3」をとる。
   1 しゃがむ
      ↓
   2 かくれる
      ↓
   3 じっとする
 


「火災発生→避難」


「集合→点呼」

目標時間6分30秒

「校長先生より」

 校長先生より「安全確保には基本動作の訓練と臨機応変に対応する力の両方が必要です。 臨機応変に対応するためには,まずどこでどのようなことが起きているか正確に情報を得ることが大切です。 このことを忘れず,適切な行動をとれるようにしてください。」との話がありました。



    

緑化美化委員会                   令和2年10月23日(金)



 生徒会,1・2年生緑化美化委員が寄せ植えを行いました。ビオラ・プリムラなど5種類の花を植えました。
生徒脱靴場周辺が明るくなりました。





























LHR 保健講演会(3年)             令和2年10月21日(水)

「薬物乱用防止について」

西部保健所覚醒剤等薬物乱用防止協議会会長
広島県薬物防止指導員 渡邊英晶 先生

 薬物使用することで,脳にどのような作用を及ぼし,依存するのか丁寧に説明していただきました。また,これからの人生にエールを送っていただきました。













 最後に生徒を代表して,保健委員からお礼を申し上げました。













救命講習会                   令和2年10月16日(金)

 
 廿日市市消防署西分署の消防士2名に来校いただき,救命講習会を開催しました。


 講習会希望者生徒30名が参加しました。今年度は,新型コロナウイルス感染症予防のため少人数で,時間を短縮して行いました。2グループに分かれ,消防士の丁寧な説明を受けながら,順番に心肺蘇生法とAEDの使用方法について実技を行いました。








 実際,人形の胸部を圧迫すると,力不足や,圧迫を続けることの難しさを感じたようです。
 講義と実技の2時間の研修を終えました。
 

 

 





LHR 保健講演会(2年)           令和2年9月30日(水)

「思春期のこころとからだ~未来のために~」

 広島県助産師会から藤田亜希子助産師をお招きしました。  自他の性に対する認識を深め,適切な行動を選択しようとする態度を育てることを目的とし,保健講演会を開催しました。講演会の中で,骨盤模型と赤ちゃん人形を使って出産の様子を話されました。 また,男女のからだのこと,性感染症についても知ることができました。 最後に,デートDV(交際している男女間の暴力)は,具体的な会話を紹介しながら,行動の束縛や連絡の強要もデートDVに当たることを伝えていただきました。 保健委員が代表してお礼の言葉を述べました。



















LHR 保健講演会(1年)            令和2年9月23日(水)

 JA広島総合病院副院長の中光篤志先生から「がんを正しく知ろう」というテーマで講演していただきました。 がんは身近な病気であること,発生の要因や予防・早期発見のために私たちが出来ることなど,クイズやグラフを示しながらお話いただきました。  1年生の保健委員が代表して謝辞を述べました。事後のアンケートでは,生活習慣の見直しなど講演会で学んだことを今後の生活に活かしで行きたいと考えたことがわかりました。


     



    

令和2年度 2学期始業式           令和2年8月19日(水)

 「2学期始業式」校長先生式辞より
 

まだまだ暑い日が続きますが,今日から2学期です。 体調はどうですか?気持ちは充実していますか? 感染予防対策には引き続き気を付けながら,早く生活のリズムを戻して,元気に過ごしていきましょう。

 “自分の立ち位置を知る” ~自分の目指す山,ゴールにむけて地図(計画)を持ち,自分の位置を確認して進もう!

 日帰りでも登山ならやはり持っていくというもの…多くの人が思い浮かべるのは,「地図」ではないでしょうか。では,なぜ山に入るときには地図が要るのでしょうか。ほとんどの人が,道に迷わないため,正しいルートを進むためと答えるでしょう。ところが,昔顧問をしていた山岳部の生徒と山に行くと,地図はちゃんと持っているのに,しまい込んで,歩いている間一度も見ない生徒が多くいました 。地図は道に“迷わない”ため,未然予防,すなわち悪い状況にならないための対策なのです。つまり,道に迷ったかもしれない,どうもおかしいぞ,迷ってしまったわ!となった頃,慌てて引っ張り出しても遅いのです。地図には予定した正しいルートが書かれていて,見ればそれが分かります。でも迷ってから見たのではダメなのです。“なぜ”か。その時点では 自分の位置が分からなくなっているからです。どんなに正確な地図をもっていても,今地図上のどの位置に自分がいるかが分からなければ,どちらに向いて歩けばいいのかは判断できません。少なくとも,ここは必ず通ったと自信をもって言える場所が,少し前にはないとどうにもなりません。(中略)つまり,正規のルートを今,自分は自信をもって歩いていると言える時にこそ,地図は出して見るべきなのです。ここまで来たか。少しペースが遅れたかな。ここから急な登りになるようだな。その先は分岐点があるから気を付けないといけないな,まだゴールまでこんなにあるのか,等々。

進路の希望や,部活の大きな大会など,皆さんには目指す山,ゴールがあることでしょう。そのゴールに向けて,こういう計画で,こんな勉強をして,こんな練習を積み重ねて,と考えて一歩一歩進んでいくのでしょう。その時はぜひ,ただがむしゃらに突き進むのではなくて,合間合間に自分の地図を広げて,自分の立っている位置を確認してください。それは,授業の振り返りであったり,定期試験であったり,模擬試験であったり,部活動なら練習試合やコンクールであったりするかもしれません。迷い込んで落ち込んでしまう前に,自分の立ち位置をしっかり見つめ,進み具合が遅いとか,ルートを外れかかっているとか,こっちにも別の道があるぞとか,それを自分自身でよく知って,へこたれずに,再び目標を見据えて,必ずここまで行ってやるぞと気持ちを強く持ち,頑張ってください。

顔を上げて,前を向いて,元気でがんばりましょう!


















「新旧生徒会総務役員あいさつ」

           
 旧生徒会長松井凌清さんと新生徒会長濵本 華伽さんが,
新旧交代のあいさつをしました。

濵本さんは「これから1年間みなさんと一緒により良い
廿日市西高校を作っていけるよう頑張っていきます。よ
ろしくお願いします。」と抱負を述べました
















            「生徒指導部講話」

    生徒指導部より講話がありました。

  1.「遅刻をしない」余裕をもって一日をスタートし,
  自己管理のできる人になろう。

  2.「交通安全を守る」自転車のルール・マナーを守る。    通学時は,事故やトラブルを避けるため,思いやりと心のゆとりをもって行動しよう。

                           3.「スマホ・携帯電話の使い方」校内では電源はOFF
                         小さな気の緩みから周囲に迷惑をかける事のないように。



令和2年度 賞状披露・1学期終業式         令和2年8月5日(水)

 感染症予防対策のために,放送により行いました。
   
       「賞状披露」

「令和2年度広島県総合体育大会代替大会兼広島県高等学校選手権水泳競技大会」
男子200M背泳ぎ第5位 荒木優斗くんを校長先生が賞状披露しました。

「遅刻0キャンペーン」達成!2年1組風紀委員長が発表しました。





「1学期終業式」校長先生式辞より
 

 新型コロナ感染拡大により非常事態となっていますが,顔を上げ,前を向いて一日一日を大切に生きていきましょう。合言葉は「突き詰めよう」。
  ニュースも,本に書かれていることでさえも,時には疑ってください。何でやとか,ほんまかいの,どうしてじゃろう,と思うことを習慣にする。そして納得いくまで突き詰めることが大切です。(クマに遭遇したら死んだふりをする!?蜂に刺されたらアンモニアが効く!?。中略)日常の授業でも,自分の進路のことでも,まぁいいか,きっとそんなもんじゃろうと思った時点で,皆さんの思考回路は止まってしまいます。そこから先には進めなくなるのです。どうか,とことん考え,必死で調べて,本質に当たるまで,絶えず突き詰める習慣をもってください。それこそが,皆さんの成長へとつながるでしょう。暑い日が続きます。体に気を付けて。また,元気で再会しましょう。


     
「賞状披露」


 生徒指導部からは,登下校時のマナー(特に自転車に乗る際の留意点)や夏季休業中の過ごし方についてのお話でした。進路指導部からは,進路決定にむけて夏休みの過ごし方を学年別にアドバイスされました。最後に,教務部からは学習や成績に関するお話がありました。特に1年生と2年生には,来年度の科目選択について休み中に十分調べて,家庭で相談して決定するようにという内容でした。




     

     

吹奏楽部 ミニコンサート         令和2年8月5日(水)

 吹奏楽部が日頃の練習成果の発表の場として,ミニコンサートを音楽室で開催しました。「アニーローリー」や「心の瞳」,「J-POP BEST2019」,「宝島」など,なじみのある楽曲を演奏してくれ,多くの生徒や先生方が鑑賞しました。吹奏楽部の3年生の生徒は,「緊張したけど楽しく演奏できました。3年生最後によい思い出になりました。」と話していました。











































情報モラル教室が開催されました          令和2年7月22日(金)

「1学年を対象とした情報モラル教室が開催されました!」

 NTTドコモのドコモスマホ安全教室インストラクターの山田様を招いて,スマートフォンに関する注意事項を中心に情報モラル教室を開きました。SNSの使い方や個人情報の管理など,昨今日常的に対面する様々な諸問題について,自分のこととして置き換えて考えることができました。







部活動再開しました!             令和2年6月5日(金)

「学校再開にともない,部活動も開始しました!」

 手洗いや消毒など,感染症対策を万全にして活動しています。

















学校再開!友だちと楽しんでいます     令和2年6月3日(水)

「久しぶりの友だちとの再会」

 6月1日(月)から学校が再開され,生徒たちは元気に登校しています。感染予防対策を行いながらの学校生活ですが,明るく笑顔で登校してくる生徒が多いです。
 また,廿日市西高校は,屋上や中庭など周りの景色に恵まれており,学習や部活動に励んでいます! 






←屋上から見える風景















































令和2年度 着任式・始業式   令和2年4月6日(月)

「着任式」

 今年度,お迎えした先生方の着任式を行いました。校長先生から一人一人の先生方の紹介が行われた後,生徒会長が生徒を代表し,歓迎の言葉を述べました。
 


「着任者代表 挨拶」

 着任者を代表して教頭の玉川先生から挨拶がありました。  「期待とがんばろうという気持ちを胸に廿日市西高校に着任しました。校訓の「汗と夢」のように生徒の皆さんとともに努力をしながら廿日市西高校のますますの発展に貢献していきます。 昨今の状況に負けず一緒に頑張りましょう。」と語られました。


「1学期 始業式」

 続いて1学期始業式を行いました。
 校長先生より「新学期開始にあたって求められている新型コロナウイルス感染予防の対策は命に関わる問題である。 密閉・密集・密接をさけ,衛生管理に留意して学校生活を送ってほしい。毎朝の健康観察を欠かさずに行うこと。 さまざまな制限がかかり不自由も多々あると思うが,緊張感をもって過ごしてほしい。」と,お話がありました。 また,「いろいろなことを突き詰めて考えてほしい。なぜ,どうしてなどと常に問いを持つことが大切。 様々な場面で突き詰めて考えることを通して,皆さんが大きく成長することを願っている。」と期待を込めて話されました。


 

 校長講話の内容はこちらです。(PDFファイル)  



主権者教育LHR(1,2学年)  令和2年2月19日(水)

「はじめに」

 選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられたことに伴って,本校では,模擬選挙を行っています。阿品台高校という架空の高校の学校長選挙を行いました。身近な校内の問題を取り上げた選挙を行うことから,選挙や投票への関心を高め,政治参加の重要性を理解してほしいと係の先生からお話がありました。
 






「候補者による演説」

 立候補者は,山中教諭,平栗教諭,前田教諭の3人です。前田教諭は昨年度の選挙で当選し現職という設定です。 


「投票の様子」

 投票箱や記載台は実際に使用されているものを使わせていただきました。
 演説を聞いた候補者の中から1名を選びました。
   
   


「結果」

 有効投票数376票のうち,山中教諭へは57票,平栗教諭へは114票,前田教諭へは201票,無効票は4票でした。

 模擬選挙を体験した生徒からは,「18歳になったら選挙に行こうと思います。」や「候補者の主張をしっかりと聞かないといけないと思いました。」などの感想がありました。
 

小倉百人一首かるた大会 団体戦    令和2年2月12日(水)

「小倉百人一首かるた大会」

 百人一首をみんなで覚えることからスタートし,クラスで予行練習もして大会に備えました。
 1,2年生とも各学年別に個人戦を行い,2月12日(水)には交流戦として学年を超えて団体戦を行いました。
 
 


「盛り上がった団体戦」

 団体戦では,1枚でも多く取ろうと1,2年生ともチームで協力しながら頑張りました。2年生は昨年経験していることもあり,落ち着いて臨んでいました。
  日本の文化に触れるとてもよい機会になりました。
 
 





 

第18回 阿品・阿品台各学校通学路清掃活動  令和2年2月8日(金)

町きれい みんなの心も ピッカピカ!

 阿品の地域に学ぶ小学生,中学生,高校生と地域の方々とで,3年ぶりに阿品・阿品台各学校通学路清掃活動が行われました。雨天のため,昨年,一昨年は中止されていたので,今年の開催を地域の方々は大変喜んでおられました。8時30分に阿品公園に集合した後,10の区分に分かれ,担当地域のゴミ拾いをしました。本校からは,51名が参加しました。


 


【阿品公園に集合 開会式の様子】


 タバコの吸い殻,お菓子の袋,ペットボトル,弁当ガラ,潰れたジュースの缶など,小さなゴミから大きなゴミまで,「ゴミ拾い」に徹した2時間でした。阿品台西住宅周辺を担当したグループは,本校までゴミを持ち帰り,分別を行いました。終了後は,清々しい気持ちで,みんなとても良い表情をしていました。












 【毎日通っている通学路  少し視線を下に 向けてみませんか?】


 小学生,中学生,地域の方々と一緒に阿品の地を回れたことはとても良い機会となりました。これからもますます地域に愛され,地域に育てていただける廿日市西高校になっていければ良いと思います。










 

 【本校に持ち帰っての ゴミの分別】


LHR 2学年「小倉百人一首かるた大会」  令和2年1月29日(水)

「1組~5組が集いました!!」

 12月から1月後半にかけて,各自が20首ずつ和歌を覚えてきました。
  今回は,その成果を発揮するために2年生全員の個人対抗で,かるた大会がありました。
 
 


「昨年に引き続き…」

 昨年に続き,2回目ということもあり,上の句で早々に取り札を取る音が,去年より多く響き渡っていました。
 読み手も練習の成果を発揮し,上手に読むことができました。そのお蔭で大会がスムーズに進行し,和気藹々としたものになりました。
 次回は1年生も一緒の交流戦です。
 
 
 
 


3学期始業式  令和2年1月7日(火)

「3学期始業式」

 3学期始業式が行われました。
 校長先生より,「高校生は自分自身のことだけではなく,他人の立場を理解し,違う考えをもった人と心を寄り添い,新しい考えを導き出すことができないといけない。残りの3学期をしっかり過ごして欲しい。」と令和5年度から変更される高校入試選抜制度について触れながらお話がありました。また,3年生には「学校で過ごす時間はあと少しです。貴重な時間になるので,1日1日を大切に過ごしてください。」とお話がありました。
 


「各部からの講話」

 進路指導部と生徒指導部からお話がありました。
 進路指導部からは,3学期に取り組むべきことを各学年別にお話されました。生徒指導部からは,「12月までの遅刻者数が昨年度より若干減っているので,増えることなく3学期を終えて欲しい。」とお話がありました。
 
 
 



交通安全教室  令和元年12月20日(金)

 JAF(日本自動車連盟)広島支部事業課より,田中 浩司様に来校いただき,交通安全教室を実施しました。車には,死角があり,相手を認識できないことがあるため,止まってくれるだろう,避けてくれるだろうとの思い込みから起こる事故が多いことなど映像を交えて学びました。
 
 
 
   


 自転車が左側通行をしなければならない理由 や通行可能な歩道では,車道側を走行しなくて はならない理由など学びました。また,歩道と 車道を行き来するジグザグ運転や歩行者気分で の身勝手な運転は非常に危険であり,絶対にし ないよう教わりました。
 


2学期終業式・賞状披露  令和元年12月20日(金)

「賞状披露」

 賞状披露が行われました。
 11月5日(火)から11月8日(金)までの1週間,遅刻ゼロキャンペーンが行われました。期間中,遅刻ゼロを達成したクラスである,1年2組と1年3組,1年4組,2年2組,3年1組,3年2組が表彰されました。このことは社会で通用する人材の育成を目指す本校の教育活動の成果であり,他のクラスの模範とするところです。
 
 
   


「2学期終業式」

 2学期終業式が行われました。
 校長先生は,映画『Stand by Me(スタンドバイミー)』を4人の少年たちの傷ついた心が回復していくと同時に支えてくれる人がいる物語として紹介し,「誰かのためにそっとそばで背中を押す存在(メンター)になって欲しい。真の友人(メンター)を見つけて欲しい。」とお話されました。また,3年生に向けて「進路実現のために受験生にエールを送りたい。頑張れ!」と応援されました。

 校長講話の内容はこちらです。(PDFファイル)



「各部からの講話」

 続いて,教務部や進路指導部,生徒指導部より講話がありました。教務部からは勉強は自分で苦労して分かるまでやって欲しい,また学習時間を確保すること,進路指導部からは学年ごとにこの冬季休業中の過ごし方について,生徒指導部からは交通安全教室を実施して登下校の通学マナーの大切さや命の尊さ,SNSのトラブル,冬休み中の過ごし方についてのお話がありました。
 



生徒朝礼       令和元年12月10日(火)

「賞状披露」

 日本語ワープロ検定
  ダンス部
  陸上競技部
  写真部
  吹奏楽部
  文芸部
  中国新聞みんなの新聞コンクール

 それぞれ生徒が表彰されました。
 
 

 
 【中国新聞みんなの新聞コンクール受賞作品】
 


「生徒会長から」

 日頃のペットボトルの分別処理協力へ の感謝と今後も校内の環境美化への継 続した協力のお願いがありました。
 
 
 


救命救急講習会      令和元年12月6日(水)

「救命救急講習会」

 廿日市市消防署西分署の消防士4名に来校いただき,救命救急講習会を開催しました。
 部活動に加入している生徒44名が参加しました。4グループに分かれ,消防士の丁寧な説明を受けながら,順番に心肺蘇生法とAEDの使用方法について実技を行いました。 実際,人形の胸部を圧迫すると,力が足りなかったり,圧迫を続けることの難しさを感じたようです。
 
 


 
 講義と実技の3時間の研修を終え,「普通救命講習修了証」を受け取りました。
 




令和元年度 通学路クリーンアップ作戦 令和元年11月15日(金)

 11月15日(金)放課後,通学路を清掃しました。部活動や生徒会総務の生徒たちなど200名近くが参加しました。
 


 全体説明の後,さまざまな場所に分かれて清掃を行い落ち葉などのゴミを収集しました。



 側道などもみんなで協力して清掃しました。

 


リチャード先生テレビ出演!    令和元年10月18日(金)


「リチャード先生がテレビ取材を受けました!」

 本校のALTであるリチャード先生(南アフリカ出身)が,10月20日(日)に行われる,「ラグビーワールドカップ2019準々決勝」日本対南アフリカ戦を前に,広島テレビの取材を受けました。

 
 



 リチャード先生は5歳の時にラグビーを始め,18歳まで選手として活躍していたため,特にラグビー競技への思い入れは強く,質問に対し,一つ一つ熱く語りました。自身のラグビー選手としての体験や南アフリカのラグビーの様子,昨年の南アフリカ対日本の試合や4年前のワールドカップ大会を母国で観戦した時のことなどを語りました。
 
 

 




 リチャード先生の出身地である南アフリカの言語の一つであり,「アフリカーンス語」について3年生の生徒たちに説明している様子も撮影されました。

 


 
 




バナースペース

広島県立廿日市西高等学校

〒738-0055
広島県廿日市市阿品台西6-1

TEL 0829-39-1571
FAX 0829-39-0576