本文へスキップ

広島県立廿日市西高等学校は、輝くあなたを応援できる学校です!

TEL. 0829-39-1571

〒738-0055 広島県廿日市市阿品台西6−1

進路指導室GUIDANCE COUNSELING

進路実績 

平成29年度〜令和元年度 進路実績」(PDFファイル)

 過去3年間の本校生徒の進学・就職実績を掲載しています。


日本学生支援機構給付奨学生の推薦基準 

 日本学生支援機構給付奨学生の推薦基準はこちらです。(PDFファイル)


1学年「総合的な探究の時間」  令和2年10月1日(木)

「情報収集について
〜パンフレットの見方を知ろう〜」

 1学年第12回の「総合的な探究の時間」は,マイナビの村岡大さんに「情報収集について〜パンフレットの見方を知ろう〜」という題目で講演をしていただきました。 1学年は夏休み前に,各自気になる上級学校と広島の大学2校のパンフレットを取り寄せました。 それを使って「同じ学部でも大学によって特色があること」や「パンフレットの中の着目すべき点」等を学びました。


 講演や講演中のワークシートによる取り組みを通して生徒は, 「他の大学のパンフレットも見てみたい」,「知りたい情報をパッと見つけられるようになった」といった感想を話していました。



 

総合的な探究の時間「ふるさと学習」      令和2年9月9日(水)6限目

 

「SDGs×探究」

 

 第二弾は講師として株式会社ジブンノオト 代表取締役大野圭司様にお越しいただき, 「探究とは何か」という基本的なところから「探究のプロセス」について教えていただきました。

 

 「10年後には今ある仕事の49%がAIやロボットに代替されるといわれている。 そんな時代を生き抜くための力=「探究する力」を身につけ,未知の世界に自分の道をつくっていこう!」 と講演していただき「ふるさと学習」に対する探究マインドを高める,大変刺激的な1時間でした。

   

 
 

総合的な探究の時間「ふるさと学習」      令和2年9月3日(木)6限目

   

「ふるさと学習」始動!!

 「廿日市市」をフィールドに課題を見つけ,掘り下げ「自分たちなりの解決方法」を考え,提案していく学習,「ふるさと学習」がスタートしました!


 

「廿日市市の魅力と課題」

    

 第一弾は廿日市市市役所シティプロモーション室より松島秀明様にお越しいただき,私たちのこのフィールドである知っているようで知らなかった「廿日市市」について教えていただきました。

     
   
 

令和2年度 「2学年LHR進路講演会」       令和2年9月2日(水)

「将来の進路に向けて 風が吹いたら桶屋が儲かる」

 2年生を対象に,大学ジャーナリストの石渡嶺司先生から,「将来の進路に向けて」どのように行動していけばよいか,Zoomを利用したリモート講演をしていただきました。


 事後アンケートでは,生徒たちは,「社会情勢が自分たちの進路にも関わってくることが分かった」,「学んだことを進路決定に活用しようと思いました」と感想を書いていました。今回の講演会が,進路実現のために行動を始めるよいきっかけとなったようです。



2年生上級学校研究                令和2年6月18日(木)


「上級学校研究」

 本日は6限の「総合的な探究の時間」を使って2年生の上級学校研究を実施しました。
  県内の11校が来校され,実際に上級学校からの先生方のお話を聞く中で,生徒たちは専門の学問に対する興味と関心を深めていったようです。
 
 





 

 これらの自分たちの取り組みしだいで,進路目標がより明確になり,希望を実現させるために大切だということを理解したようです。
 













3年生進路ガイダンス開催           令和2年6月17日(水)


「進路ガイダンス」

 本日は3年生の進路ガイダンスを開催しました。大学,短期大学,専門学校など40校ほどの担当者の方々が来校され,それぞれの学校の特徴や進学に向けてのアドバイスを熱く語っていただきました。
 
 






 
 また就職予定者に対しては,就職指導講演会が行われ,求人票の見方や履歴書の書き方をご指導いただきました。
 生徒たちも皆熱心にはお話を聞き,進路実現に 向けてやる気と自覚がぐ〜んとアップしたようです。







































3年生総合的な学習の時間「志望理由書について」の講演会 令和2年6月3日(水)


「志望理由書講演会」

 3年生を対象にした「志望理由書について」の講演会が行われました。
 進路指導部から,志望理由書の書き方の注意点について具体的に例文をもとにした説明がありました。
 






 
生徒は,資料を見ながら説明を聞いていました。


進路ガイダンス(3年生) 令和2年4月9日(木)6限目 

「3年生の進路ガイダンスが行われました」

 3年生全員を対象に「進路ガイダンス」を実施しました。 本校の進路指導主事が卒業生の進路実績やこれからの心構えなど,大学・短大・専門学校・就職等など進路希望に応じた講話を実施しました。


「進学に関して」

     

 進学に関しては,今年度から大きく入試制度が変わります。 また,就職に関しても新型コロナウィルス感染症の影響がどこまであるかわかりません。いずれにしても生徒に十分な周知を行いしっかり準備させます。
 最後に学年主任から生徒に向けて今後1年間の過ごし方などアドバイスを行いました。



1年生 広島大学オープンキャンパス 令和元年8月21日(水)

「広島大学 東広島キャンパスへ行きました」

 1年生は「総合的な探究の時間」に,現代の多くの高校生が進路希望とする「大学」について研究しています。なかでも,広島県の高校生の目標としている,「広島大学」をサンプルとして大学研究をし,8月21日に実際にオープンキャンパスに参加しました。  


「広大なキャンパスの中を歩きました」

    
 6月に行われた「上級学校説明会」で広島大学高大接続入学センターセンター長の杉原敏彦先生から広島大学の広さは紹介されており,生徒の感想に「聞いていた通り広くて設備が整っていてきれいだった」というものが多くありました。    


「各学部に分かれて講義を聴きました」

 事前にインターネットで予約した講座や朝早く着いて先着順のイベント整理券を手に入れて参加する講座など,各自が予定していた学科説明会や模擬授業に参加しました。


「各施設を見て回りました」

 広大にある3つの図書館の中でも,特に中央図書館は広く展示物も有り圧倒されました。 総合博物館やたくさんの食堂やショップやホールなども見て回りました。
  


「報告書を作成します」

 今日のオープンキャンパス参加については各自で報告書を提出し,「総合的な探究の時間」に発表します。 生徒たちは「大学について詳しく調べることが大事だとわかった」「自分にあった進路を見つけたい」などの感想を書いています。












平成30年度 受験体験報告会 平成31年3月20日(水)

「3年生による受験体験報告」

 就職・進学等様々な分野で進路目標を実現した3年生に体験談を報告してもらいました。

【就職】西日本旅客鉄道株式会社

 「高校入学時には大学で学んでから鉄道会社に入ろうと考えており,高卒で就職する考えは全くありませんでした。例年,廿日市西高校に鉄道会社の求人が来ていないことを知っていたからです。しかし,2年生になって,進路指導の先生に「JR西日本を高卒で受験したい。」と,伝えました。このことを学校から企業に伝えてもらい,求人票を出していただくことができました。この経験から皆さんに強く伝えたいことは,自分の希望する進路先について,進路資料室で資料を確認し,分からないことは先生に質問してください。皆さんが本当に行きたい志望校や企業に進むきっかけになると思います。」と話してくれました。 
 


【専門学校】岡山済生会看護学校

 面接が大事だという事をオープンスクールで聞いたので面接は特に頑張りました。
 私はいろいろな意見を聞きたかったので沢山の先生方の意見を参考にさせてもらいました。先生によって意見やアドバイスが違うため1つの質問でとても悩んだときもありましたが,いろいろな意見を聞いた上で答えを出したので納得した答えを出す事ができたと思います。そして,面接は絶対に嘘をつかず,事実を自分の言葉で言うようにしてください。さらに,考えた答えを丸暗記するのではなく,所々を覚えて答えることによりアドリブで対応できるようになると思います。 」と話してくれました。


【私立短期大学】安田女子短期大学 保育科

 「勉強を効率良く行うため,睡眠時間などの生活リズムを一定に整えることです。また,授業と教材を大切にすることです。メモを取ることは板書よりも意識して行うため,記憶に残り易いと思います。また,私は,英語の一般入試の勉強をするときに教材の大切さに気付きました。1年生の時から持っているラーナーズは,よく見てみると自分の理解出来てなかったところが丁寧に解説されていました。気付くのが遅く,何度も後悔しました。是非皆さんも,教材を見直して自分に合った勉強方法を今のうちに考えてみてください。」と話してくれました。


【私立大学】安田女子大学 薬学部

 「模擬試験は自分が全国でどのくらいのレベルなのか,志望校まであとどのくらい頑張ればよいのか,苦手分野や科目は何なのかを知ることができます。皆さんは勉強や対策をして受けていますか?進路指導室や進路資料室には模擬試験の過去問があります。私はこの過去問で模擬試験の対策をしてきました。まったく同じ問題が出ることはありませんが,出題形式や問題の傾向を知ることができます。そして模擬試験を受けた後が成績アップのチャンスです。進研模試のデジタルサービスでは解説動画を利用して簡単に解けなかった問題を復習することができます。そうして次の模試までに解ける問題を少しずつ増やしていき,成績アップに繋げて欲しいと思います。」と話してくれました。


【私立大学】広島国際大学 保健医療学部医療技術学科 救急救命学専攻

 「行ける大学ではなく,行きたいと思う大学に進学してください。そのためにも将来自分がやりたいと思うこと,自分が将来どんな姿でありたいかを見つけてください。私は,高校2年生までは消防士になりたいと思っていました。しかし,消防士よりも広範囲にわたって人や社会の役に立つことができると考えたので,救急救命士になる道を選びました。自分が将来やりたいこと,なりたいものになれるように,なるべく明確なプランを立ててください。そして夢を叶えるために努力を惜しまず,全力で必死に努力してください。」と話してくれました。


【私立大学】広島修道大学 商学部 経営学科

 「最後に,大切なのは努力することができるかということです。ここまで大学進学を前提として話してきましたが,問題は「どこに行くか」より「行った場所で頑張れるか」だと思います。勉強をすることが偉いのではなく,どの道でも進路先で努力できる人が偉いと私は思います。そう言ったからには,私も大学で勉学に励みますので,新2年生,新3年生の皆さんも努力できる進路先に向けて歩んでいってください。」と話してくれました。


【公立大学】広島市立大学 情報科学部

 「対策として,数学は先生に対策プリントを作っていただき,すらすら解けるまで何度もときました。小論文と英語は,過去問を中心に取り組みました。面接試験は事前に提出した志望理由書をもとに細かく質問されるため,大学や学部について詳しく知る必要がありました。そのため,オープンキャンパスや情報科学に興味を持っている高校生が集まって行われた自由研究などに参加し,面接で話せるよう材料を集めました。
 最後に私がこの進路を実現できたのはたくさんの方々がサポートしてくださったからです。悩んだときは1人で抱え込まず,まずは誰かに相談してみてください。 」と語ってくれました。


【国立大学】山口大学 理学部 数理科学科

 「私は日ごろから心の切り替えが苦手でした。しかし,頑張ろうと思えたのは一緒に勉強してきた友達のおかげです。友達が頑張っている姿を見ると自分も頑張ろうと思うことありませんか?部活で後輩が頑張っていたら頑張ろうと思えたり,テレビで必死に頑張る誰かに心揺れたり,周りの人の影響はとても大きいです。それぞれ自分の目標に向けて頑張っている友達の姿は私にとってよい刺激でした。
  私が受験を通して一番感じたことは「志望する進路に行きたいと思う意志の強さ」が大事だということです。うまくいかないことのほうが多くてくじけそうなときも自分のやったことに自信をもって,絶対受かってやるという意志を強く持ち続けてください。 」と話してくれました。


「卒業生にお礼の拍手」

 貴重な体験を語ってくれた卒業生に対し、御礼の拍手をしました。

バナースペース

広島県立廿日市西高等学校

〒738-0055
広島県廿日市市阿品台西6−1

TEL 0829-39-1571
FAX 0829-39-0576